◇いなざわ友恵(旧 宇多川友恵)◇編集、トイデザイン、ゲームグラフィックデザイナーなどを経てイラストレーターに。肉球のにおいが好きです。


by tomoe_utagawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ブログ、お引越しマース

今度はこちらで続けます。

↓クリックしてください。
CATWALK2


このエキサイトブログ、名前が前のペンネームから変えられないっていうのもあったり、
ともかくリニューアルです。よろしくおねがいしまーす。
[PR]
by tomoe_utagawa | 2008-07-08 21:06 | クリエイター活動

お口のモンダイ

こんな実験があったらしいです。
犬の歯を数本抜く。(あああ~、かわいそうすぎる。)
やがて、その犬は左右のバランスを欠き、背中もまがり、
まともに歩けない。
おまけに食欲もうせちゃったのか、やせ細っちゃって。
(ワンコがかわいそすぎるって~~~っ)

歯の影響って全身的。
私の歯、できるものなら、
再治療、歯肉療法、噛み合わせ、額関節治療をしたいとおもいつつ、20年。

★噛み合わせ。
小学生のころから、歯の治療をするたび、違和感発生。
たぶん決定的だったのは、20年前の左右奥のブリッジ
-並んだ歯にずらっと橋をかけるように冠をする-治療。
アゴが少しずれ、噛み合わせがズレるような違和感が、時間とともに感じ、それもまた慣れでうすれ…。
今、完全におかしいのだけはわかります。

★額関節。
額関節がおかしくなる原因のひとつとして、
歯の噛み合わせのモンダイが大きい時もあります。

5,6年前には額関節がズキズキ痛み、
時々口が閉じられなかったり(ガクッとアゴをずらして閉じる)、
額関節治療をうけるかどうか探しているうちに
痛みがひいたので、放置。
独立前後だったし、ストレスかな??ってのもあって。


そもそも、額関節治療がホントにできそうなところが少ないのです。
専門のところってありそうでなさそでアヤシイのです。
整形外科なのか、口腔外科なのか、歯科なのか、整体なのか、鍼?気功?
下顎の正しい位置というものも、医者の間でも意見が
分かれていたり、あいまいだったりもします。

今も実は、顔の片方がおちてきてますし、
口を大きく開くとアゴがガクっとなります。
全部の歯で噛むのがむずかしいです。
噛み合わせの違和感もなるべく感じないように、だましだまし。


額関節とか歯がよくなったら、
私の左側のあちこちの痛み、ゆがみの改善もちょと期待できるかも。
とか希望をもちます。
とはいえ、
噛み合わせ、額関節、歯周病、歯科これをトータルに高度に考えられる医療が少ないようなのです。

で、ココよさそうなんです。
http://www.pacific-abey.com/
自費(保険無適用)ですから、まずは億万長者にならなければっ。

かみ合わせ症候群体験ビデオ
http://www.kami-awase.net/report/videoreport-2.html


ところで、
今日吉祥寺でセカンドオピニオンを受けてきましたが、
ブリッジをはずして、中の歯を見ないとわからないこともあり、
今後の治療をどうするのかは、まだ未知な部分があるとはいえ、
とりあえず…今イタイイタイ~~な、左のブリッジなら
保健医療内だったら、最安で5万~ぐらいから。
でも、場合によっては、もっとすごいことに…くらくら~
他には左上親しらずの進入による歯の崩壊もあったり、
順番待ちの歯が。
吉祥寺↓に通うか検討中。
http://www.k-central.jp/index.html
[PR]
by tomoe_utagawa | 2008-07-07 18:29 | etcエッセイ

歯医者さんへ

近所の歯医者さんいきました。 いたいんです。
地元コミュやらネット上の口コミやら調べたり、
そこは、雑誌アンケートにより、首都圏で88番目に優れた歯医者
に選ばれたとか。

最近の設備はすごいですね。
レントゲンって、被爆カバー?つけて頭固定されて
たってるだけで、スキャンするように撮れるんですね。
進歩だなあ。

若い女医さんが現れました。

レントゲン以外に実際にクチの中を見て
ヒトツヒトツをチェックしてくれます。
この結果は治療後にプリントアウトして渡してもらえるのです。
すばらしいですね。


で、治療。
レントゲン写真を治療椅子に設置されたモニター画面を見て説明してくれます。
しかし、私が事前に来院アンケートに書いた問題を感じている箇所
のみを必要最低限の(と、私が感じる)説明。
限定された対処という感じ。
私もちょっとひつこく聞いてみましたが、
知識があるわけでないので、どこまでどう聞いていいやら。
今まで、歯医者で苦い思いを繰り返しただけに、治療方針が最初に説明されないって戸惑う。


すぐに決断できないことがいろいろで、
その日は短期で簡単に終われそうな
1本の歯だけを治療してもらうことにしました。

治療後に検査結果のプリントアウトを見ました。
虫歯診断書と歯周診断書。
正直言って問題だらけの歯だとは、わかっておりましたが、
これは、どうなっているのだろう?どうとりかかろうか?
結果がこうしてプリントされてくるのは素晴らしいのですが、
それだけではわかりません。
今回の治療の目玉は、そもそも20年前の治療がうまくいってるとはおもえない、奥歯のブリッジ。
その他歯肉やらいろいろ問題。

翌朝、起きて、一抹の不安。
やはりインフォームドコンセントは大事。

ネットでさらに調べると、
セカンドオピニオンとして診療してくれる歯科が吉祥寺にあるので
そこにも行くかどうか思案中です。
http://www.k-central.jp/second_opinion/index.html

歯の治療って金額、通院労力やらも考えると、
「世の中にはもっと大変な人もいて、その人もがんばっているのだ」
とか他人と比較して自分を励ましたくなったりします。
他の病気ほど理解もされないですし。

地元だけでもすごい数の歯医者。
獣医さんを選ぶのも難しいですが、歯医者もむずかしいなあ。
[PR]
by tomoe_utagawa | 2008-07-07 18:28 | etcエッセイ