◇いなざわ友恵(旧 宇多川友恵)◇編集、トイデザイン、ゲームグラフィックデザイナーなどを経てイラストレーターに。肉球のにおいが好きです。


by tomoe_utagawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0024199_21123466.jpg

写真は愛用のマイ箸と、ハンカチでつくった箸袋で〜す。
トンボ玉の止めが我ながらかわいい〜。

ところで、日本の割り箸(中国の森林伐採)の
年間使用数250億本--木造家屋20万件分--ですと。


さて、昨日は地球環境の講演会でした。
講演者の 高木善之氏は、
かつて松下電気で、地球環境を守る為に
当時の産業としては、あまりにも革命的(当然多くの業界反発が激しかった)な
フロンガス製品製造中止を社長に説得し、推進した人物で
現在は、地球村(環境と平和の国際NGO)を立ち上げ、
貧困や世界環境のために、精力的活動をし、
これまでに講演だけでも1万回以上開いています。
情報を感情的になるでもなく、でも、心をもって伝える、
その説得力はアル・ゴア以上?!


「ネットワーク 地球村 」


ヨーロッパの温暖化対策は我々が知っている以上にとても進んでいるようです。
ある街では、完全にマイカー禁止で公共のバスや電車のみで
街も汚れず、交通事故も減り…
ヨーロッパはco2削減率も予定より進んでいて、-20,30,40%。
ところが、アメリカ、日本は、co2が減るどころか
日本では目標-6%といいつつ、現状は+8%にもなっています。
その理由の一つに情報不足、情報操作があるようです。
(自分の知っている情報が正しいかわかりませんが、
その情報の半分だけでもえらいこっちゃだと思います)

例えば、
オゾン層の破壊による紫外線の皮膚ガン等への影響は
日本でもあるにもかかわらず、知られていません。
「オゾン層破壊 」
そして、このオゾン層の破壊がはじまったのは、
産業革命によるものです。世界の人口のたった3%の人が
「文明」としてすすめてきました。

少しずれますが、
日本の食料自給率28パーセントは137カ国中、130番目。
他国から食料を大量に輸入しては、
莫大な量を捨てている、飽食の日本。
場合によっては輸入先では、その為に自分達の食料、生死さえも。
世界のトウモロコシ年間生産量約六億トンのうち、
約四億トンまでが穀物飼料。
牛一頭に与える 穀物によって 10人の人が 生きながらえる。

そういった情報は、netでも見られる他、
高木さんの講演を聴いてもらったりするなりで、
知ったり、実感することができるかもしれませんが、
情報を知って、暗くなったりするのではなく、
軽やかに自分のできることをできればとおもいます。

チームGOGOの「豪快な号外新聞」より抜粋。
++++++++++++++++++++++


■■■■■温暖化止まっちゃうリスト■■■■
■買い物の時は「このままでいいです」と、レジ袋を断り風のように立ち去ろう。
■毎日一個はゴミを拾ってそんな自分をほめたたえよう。
■お尻をふく時、トイレットペーパーはちょっぴり短く使おう。
■宴会、パーティにはマイ箸、マイカップ、マイ皿でゴミゼロに挑戦しよう
■週に一度はミートレスの日をつくり、肉断ちに挑戦しよう。
■週に一度はテレビレスの日をつくり、会話を楽しもう。
■週に一度はマイカーレスの日を作り、公共の交通機関を使おう。
■移動手段は歩いたり、自転車を使ったり、あいのりをしよう。
■お風呂は愛する人と電気を消してろうそくの灯りで一緒にはいろう。
■シャワーの時間を毎日一秒ずつ減らすゲームをひそかにしよう。
■買い物をする時、奥の賞味期限の新しいのを買わずに、手前から買おう
■鼻水や手ふきにはティッシュよりハンカチーフをつかおう。
■スイッチ付きコンセントで待機電力をカットしまくろう。
■食べ残しをすると懐かしのもったいないおばけがでたらかなり怖いので、完食しよう
■エレベーターよりも階段登り好きになろう。
■買い物のおつりは、恥ずかしがる自分をいとおしく感じながら募金しよう。
■冬は厚着をして、暖房の温度を下げ、夏は部屋を「ここはサウナだ」と言い聞かせよう。

++++++++++++++++++++++

ハチドリのひと滴のお話です。

森に火事がおきた。
一滴の水を何度も往復して運んでいるハチドリのクリンキディ。
仲間の動物からさんざんバカにされました。
「そんなことをしてなんになる」
「私はただ、自分にできることをしているだけです」

+++++++++++++++++++++
[PR]
by tomoe_utagawa | 2007-08-05 21:09 | etcエッセイ
食べたい物を食べて痩せてしまう

やっと、少しそんな域に少し来たような気がします。
特にダイエットしようとしているわけではないのです。
元々食べるのが好きで、大食い傾向な私が、
日常的に「食べたい物」が、「太りにくい食事」「生活習慣」に
変わってきているというか。
なにか食べたいジャンク的なものや肉系があっても、
じっさい食べた所を想像すると、
「あ、体的には食べたくないみたい」
と思う事も多くなっていき、
興味自体も減ってきています。(当社比。おいしいもの好きは健在)

ダイエットでみられる「これを食べねば」「これを食べるのをやめねば」「運動をせねば」
な、ねばねばねば〜〜っとしたところから、
サラサラしてきているとでも言いましょうか。
ねばねばな時って、逆に痩せにくかったりしますよね。


昨年5,6月頃だか、ふとしたことで不食という生き方を知ったりで、
一時期は「なんか食事量が少なくていい」って気分になって、
ついでに初の水だけ断食3日間をやったりして
(蜂蜜水断食は過去何度かやってた)
そのへんからダイエットを意識することなく痩せていきました。
断食は「あ、今やるといいかな」という、
気持ちと体の勘に従ってやっていて、特別無理をするわけでもなんでもないのです。


ところがどっこい!
わーい、なんだか痩せたわ〜〜と思ったものの
最近、仕事(ネームとかね)が、
うーむうーむと考えないとできない状態がつづいて、
「仕事進めなきゃ〜それにはまず食べて(甘いのとか)、
満足して気分あげてからでないとできない〜、うき〜」
というスパイラルが続いて、
当然ナチュラルにぽこりぽこりと太ってきました(わははは)
「今は仕方ないや〜」と思ってました。
極端に過食になっているわけでもなく(でも、胃が敏感な私には負担だけど)
食欲を抑えすぎてストレス増やしたり、
食べる事への罪悪感をもってもいい事はないと思ったり。

で、
うーむうーむなトンネル状態を抜けてきたところで、
だんだんとリビングフード(酵素たっぷり生食ベジタリアン)に興味をもち、
それがおいしくて、気持ちよくて、元気な食べ物な感じで。
ここ3週間ほどは、ほぼ生ベジメインになっています。
2日まえは唐突に鳥カラが食べたくなって、食べたらすっごく満足して終了。
ひきずらずに、またベジがおいしい生活に。
お、いいかんじじゃん。


食に関しては、いろいろやってきました。
和田式を20年前に実験してみたあたりを皮切りに(3日で撤退)、
鈴木その子ので油抜き添加物抜きしてたら、
コンビニ食とかを欲しなくなったり、
ヴェジタリアン的食事にしてみたり(その頃は世間の認識もベジには厳しくて痛い事いわれたり)
マクロビやら、また肉食べたり、バク食したり、e.t.c,e.t.c…
ごく最近では長岡式酵素玄米…
基本、ダイエットというより、体の為なんですが。


生野菜なんかつづけてたら、いつか虫さんが……?ま、いいやー(笑)たまに検査でもしよー
また、この先どうなっていくかわかりまへーーんっ。
体さんが喜ぶ食事ができていければいいなとおもいます、
な、この頃です。


追記/
かつてベジタリアンも、今よりかなりカルト扱いだったように
生食(ローフード)も似たような状況にもあり、
議論、反発が多いです。
が、私は自分の考えや直感&体でワシワシとやっていくだけです。
ちがうと思えばやめる。他のものだと思えば、それになる。
そして、どんな食事もその人それぞれの体質、時期などにあったものがあるかと思いますので、ご自分の信じている所であればいいと思うのです。
[PR]
by tomoe_utagawa | 2007-08-03 22:29 |